イラストレーター・正一のホームページです。

左のカテゴリー内の画像はクリックすると拡大します。

ご覧いただけますと幸いです。

 

サイト上の画像の無断掲載をお断り致します。

CopyrightⒸ2016 Shoichi. All lRight Reserved.

2017年

1月

16日

New Year Greetings

今年は健康に気をつけ活動していけたらと思ってます。本年も宜しくお願い致します。

 

西荻のギャラリーみずのそら企画展「New Year Greetings」に参加してます。

写真、活版、グラフィックデザイン、イラストレーション、版画、カリグラフィー、陶、ガラス、和紙……さまざまな分野で活動している作家の年賀状の展示です。

詩集のヒロイヨミ社さん、ぼくが最初に版画を習ったリン版画工房さん、写真がすてきな二月空さんなど、ぼくもファンの方がたくさん参加されています。

どなたさまもよろしかったらいらしてください^ ^
1/8-1/22 12時-19時(最終日は17時まで) 月火水休み ※1/9(祝)open
西荻窪 ギャラリーみずのそら

2016年

11月

04日

『イラストレーション』特集「11人の版画家」

現在発売中の雑誌『イラストレーション』特集「11人の版画家」にて、ぼくも掲載いただきました。

版画家はおそれおおく、日曜版画が身の丈ですが・・・昔から愛読していた本なので、やっぱりうれしい。

版画の技法を使ったイラストレーターの作品、How to print、インタビューの内容。

版画のイラストレーター凸凹の仲間も一緒でうれしい。

それぞれの版画への向き合い方、自分も客観的に見つめ直せる機会でよかった。

「デジタルツールを使用して制作をするイラストレーターが多くなる一方で、手間のかかる版画にも注目が集まっています。今号では木版画、銅版画、木口木版画、紙版画、消しゴム版画など多種多様な技法で制作を行なう11人の作家を取材。それぞれの技法の魅力に迫ります。

登場作家 タダジュン、さかたきよこ、宮崎敬介、彦坂木版工房、くまあやこ、平岡瞳、野見山響子、正一、アンドーヒロミ、イオクサツキ(順不同、敬称略)」

版画の技法を使ったイラストレーターの作品、How to print、インタビューの内容になっています。

版画のイラストレーター凸凹の仲間も一緒でうれしい。
皆さんの版画への向き合い方がおもしろいかった。

ご覧いただけましたら幸いです。

 

2016年

10月

12日

書籍装画「父へ母へ。100万回の「ありがとう」(PHP研究所)

 

装画を担当させていただいた書籍が発売になりました。

 

デザインは石間淳さん。

いつの時代も、子が親を思う気持ち以上に、親の子に対する慈愛の気持ちはさらに強いものです。時に、互いの思いがすれ違い、また素直になれずに傷つけあうこともあります。でも、いつか子は気づきます。「自分はこんなに愛されていたんだ」と。けれど、親からもらった愛は大きすぎて、返すことはできない。

本書は、月刊誌『PHP』で10年以上にわたって連載されているリレーエッセイ「心に残る、父のこと母のこと」から五八編を選び出し、まとめたものです。藤子不二雄A氏、篠田節子氏、ひろさちや氏、中山庸子氏など、各界の著名人が綴った、父母との忘れえぬ思い出に触れたものです。

「人生でつまずいたとき、くじけそうになったとき、何度も本書を開いてみてください。家族の愛の深さに力をもらい、明日からを強く生きていくことができるでしょう。」
と書いてあります。
個人的にこのような本に関われて幸せです。
機会がございましたら、ご覧ください。

 

書籍装画「父へ母へ。100万回の「ありがとう」(PHP研究所)

 

 

中ページのカットも描いています。

藤子不二雄A先生、童話作家のあまんきみこさんなど。

 

ぼくの絵で恐縮。