挿絵『新世』「日本昔語り こぶとり」

雑誌挿絵「日本昔語り」(倫理研究所)今号は「こぶとり」を描きました。
「桃太郎」や「花咲か爺」の話が明るい昼の世界の出来事に対して、「こぶとり爺さん」は夜の世界であり穴の中の世界。

踊りの下手な隣のじいさんは反対にこぶをつけられてしまう。柳田国男の考証によれば、こぶとり説話はもともと踊りを話のもとにしたもので"隣りの爺"は後からついたものであろうといわれる。"隣りの爺"型は日本にだけしかないそう。