正一個展「母子」

正一個展「母子」

 お母さん 今ぼくは思っています。

ぼくに故郷なんか なくなってしまったんじゃないかと。
そして残っている故郷があるとすれば 
それはお母さん あなた自身です。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

絵をはじめて十年になりました。

その節目という気持ちもあって、個展を開くことにしました。

初めての個展です。

展覧会にはやはり何かしらテーマがあったほうがいいと思いました。

当初はイラストレーションの活動にかかわるようなテーマを考えてましたが

友人の樋口達也さんに相談したところ

「正一さん、好きなことを描いてくださいね」

と励ましの言葉をもらい、はっとしました。

そして自分がいま何を描きたいかと思ったら

それは昨年亡くなった母のことでした。

絵を描くことは、ぼくにとっては自分と向き合うこと。

そうした絵を描きたいと思いました。

きわめてパーソナルな内容ですが、

見た方がなにかしらご自身と重ねて見ていただけたら、と願っています。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

於:HBギャラリー表参道

期間:1030()-114

時間:11時-19時(最終日は17時まで)

 初日30日18時-20時にささやかなオープニングパーティーを開きます。

どなたさまもお気軽におでかけください。(無料)

宜しくお願い致します。