正一個展「母子」

正一個展「母子」無事終了致しました。

夜の電車の車窓に流れる電灯や家々の灯りのような、あっという間の六日間。

お会いした方々の顔が浮かぷ。

古い画友がお母さんとなって赤ちゃんと絵と向き合っていた。

飼い猫を心配する友人のお顔はやはり母であった。

やってよかった。

ご覧くだった方、お気にかけてくださった方、ギャラリーのスタッフの皆様、

ありがとうございました。

そしてたくさん煩わせた家族と、支えてくれた友人のH君に感謝を。