雑誌挿絵『小説新潮』(新潮社)6月号

現在発売中の『小説新潮』6月号で、直木賞作家松井今朝子さんの新作「べっちょない」の挿絵を担当しました。

松井さんの「銀座開化おもかげ草紙」という小説が好きなこともあって嬉しいです。

「べっちょない」というのは関西の言葉なんですね。はじめて聞きました。

「べっちょない べっちょない」大丈夫、大丈夫を口癖に、戦時を生きていく女学生の主人公。

著者の母をモデルにしたお話、来月号の後編も楽しみです。